« ギックリ仰天 | トップページ | 小津安二郎記念蓼科高原映画祭 »

2006年10月 3日 (火)

大阪上映の日程

 ようやく大阪上映の日程が決まりました。
 メチャクチャうれしいです。

 第七藝術劇場 11月18日~24日 1日1回上映

 上映時刻は変更されることがありますので、事前に劇場あるいはHPで確認してくださいね。
 関西のみなさん、ぜひぜひよろしくお願いします。

|

« ギックリ仰天 | トップページ | 小津安二郎記念蓼科高原映画祭 »

コメント

渡辺監督、ご無沙汰していました。
大阪での上映が決まりましたとお聞きしてから、長かったです。
あれから「仙人」を2度読み直しました。
一生何かを信じて待ち続ける人生も良いのかなぁ、と考えたりしました。
秋に見る「ブレス・レス」は、また違った趣があるかもしれません。
またいつか、監督にお会いできますように。

投稿: shiron | 2006年10月 3日 (火) 20時14分

○shironさん、
 どうもどうも、ご無沙汰しました。
 お変わりありませんか?
 ようやく大阪が決まりましたよ。
 shironさんはわざわざ東京へ観に来てくださったのですよね。
 大阪も、よろしくお願いします!

 芥川龍之介の「仙人」はぼくもときどき読み直します。この作品は大正11年、確か「サンデー毎日」の創刊号のために書かれたのだと思います。違ったかな?
 同じ年の作品に「トロッコ」があります。これも大好きです。
 

投稿: 渡辺寿 | 2006年10月 4日 (水) 04時46分

監督復活&大坂上映決定おめでとうございます。
分室にはとびをさんからの、学園祭情報も出てました。。 
やっぱり嬉しいですね。
どんどん、私の大好きなブレス・レスが広まっていくようで・・

もしかしたら、学園祭は行けるかも知れないと思うと今からワクワクします。
阿佐ヶ谷辺りをフラフラしてると、あれ?この場所は。。みたいなところがありますので、
もう一度映画を見て再認識出来たらなと心から思います。

監督はぎっくり腰ですか!!
あれは辛いですね。呼吸するのも痛いですから・・ 私も15年前に寝たきりになりました。
今日はあいにくの天気で、こんな時は古傷の腰が痛みますよね。
身体を大事にして下さい。

投稿: みみ | 2006年10月 6日 (金) 18時29分

○みみさん、
 どうもありがとう。
 みみさんもやりましたか、ぎっくり腰。
 いまはとにかくストレッチ、歩く、階段は2段づつ上るを励行しています。

 とびをさんの学園祭、とても楽しみです。
 拙作が学園祭で上映されるのは「夜のハイウェイ」以来です。
 ドキドキしてます。

投稿: 渡辺寿 | 2006年10月 6日 (金) 19時07分

大阪上映、まだか、まだか?と待っていました。このあいだ、広島ボンちゃんから、携帯メールで、連絡もらって、大喜びです。空いていたら、毎晩でも行くよ!ただし19日だけは、富山の公演に出かけるので、無理ですが。私の誕生日が11月23日(?歳)ですので、素晴らしいフレゼントになりました。
監督っ!やはりぎっくり腰はお疲れが溜まった時になりやすいですよ。ホッカホカカイロで、暖めると痛みは楽になりますよ。(私の場合)やはり日にち薬ですねえ。まだまだ若いんだから気付けてね。ちょっと、くせになる場合あるから。

投稿: やっちゃんデス。 | 2006年10月 7日 (土) 11時51分

○やっちゃんデスさん、
 お誕生日おめでとうございますっ!
 早いか、ちょっと。
 今夜は中秋の迷月です。1日過ぎたので。
 大阪の月はどうですか?
 腰は、痛みがとれたあともずっとコルセットをしていたのですが、ようやくそれもしなくなりました。おっしゃるように、これからは冷やさないようにしなければなりませんね。気をつけます。
 お気遣いありがとうございました。

 大阪上映、ぜひぜひよろしくお願いします。

投稿: 渡辺寿 | 2006年10月 7日 (土) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168130/12132477

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪上映の日程:

» 『ブレス・レス』@第七藝術劇場 [本田博太郎さん観賞ノートのおまけ]
『ブレス・レス』 監督・脚本 渡辺寿 まだ、大阪十三・第七藝術劇場のサイトのスケジュールには載っていませんが、 11月18日(土)〜24日(金)大阪・第七藝術劇場にて上映されます。 渡辺監督のブログによれば、1日1回上映(18:45〜)。  橘徹(筒井康隆)と父・源四郎(本田博太郎)の、軽くジャブをかわすような会話、憎まれ口を叩きあいながらやさしい会話をお見逃し&お聴き逃しなく! ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 01時26分

« ギックリ仰天 | トップページ | 小津安二郎記念蓼科高原映画祭 »