« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月21日 (土)

枯野の旅

 NHKニュースによると、今日(20日)、暮坂峠(群馬県中之条町)で牧水の詩「枯野の旅」が読まれたそうだ。

   上野(かみつけ)の草津の湯より
   沢渡(さわたり)の湯に越ゆる路
   名も寂し暮坂峠

 大正11年10月20日の朝、牧水はこの峠を越えて「枯野の旅」を読んだ、らしい。

   乾きたる
   落葉のなかに栗の実を
   湿りたる
   朽葉がしたに橡(とち)の実を
   とりどりに
   拾ふともなく拾ひもちて
   今日の山路を越えて来ぬ

 長い詩だ。
 この旅を記した紀行文が「みなかみ紀行」で、牧水の代表的作品のひとつだ。
 ところが長編の詩を著したにもかかわらず、「みなかみ紀行」では、暮坂峠の記述は素っ気ない。「ひろびろとした枯芒の原、立枯の楢の打続いた暮坂峠」とあるのみで、何の感慨も記されていない。先を急いで通過したみたいな書き方だ。

   草鞋よ
   お前もいよいよ切れるか
   今日
   昨日
   一昨日
   これで三日履いて来た

   履上手の私と
   出来のいいお前と
   二人して越えて来た
   山川のあとをしのぶ
   捨てられぬおもひぞもする
   なつかしきこれの草鞋よ

 牧水の旅は観光旅行ではなかったのだろう。自らと語り合う旅だったのかもしれない。
 牧水の紀行文を読むとき、ぼくは大正9年版の陸軍参謀本部5万分の1の地図でルートをたどりながら読む。国土地理院で複写してもらった。牧水が使った地図と同じものだ。たぶん。

   枯草に腰をおろして
   取り出す参謀本部
   五万分の一の地図

   見るかぎり続く枯野に
   ところどころ立てる枯木の
   立枯の楢の木は見ゆ

 ここでようやく長編詩「枯野の旅」と紀行文「みなかみ紀行」が合致する──「立枯の楢の打続いた暮坂峠」
 昨秋、暮坂峠に立ち、牧水の歌碑を仰いだ。
 風にあおられたおびただしい量の枯れ葉が吹雪のように降りしきる光景を、ぼくは生まれて初めて目の当たりにした。
「枯野の旅」をもう少し……

   路は一つ
   間違へる事は無き筈
   磁石さへよき方をさす

   地図をたたみ
   元気よくマッチ擦るとて
   大きなる欠伸をばしつ

「枯野の旅」は岩波文庫「新編みなかみ紀行」(池内紀編)で読めます。もちろん「みなかみ紀行」も所収。「みなかみ紀行」は青空文庫でも読めますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

舞台挨拶

 舞台挨拶をします。
 第七藝術劇場の初日(11月18日)です。
 大阪はこれまでほとんど縁がなかった街なので、ぼくにとってはワンダーランドです。
 ワクワクします。

 折良く、19日は門真市民文化会館で『わらびのこう』を上映します。
 市原悦子さんがトークショーをやるそうなので、行ってみようと思います。

 11月が待ちどおしいです。

『わらびのこう』 http://www.genfukei.or.jp/warabi/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

サイトをUP!

 とびをさんよりのお知らせです。
 昭和女子大での上映会のサイトがUPされました。

 昭和女子大学・秋桜祭の上映会

「いっぱい、宣伝してください!!!」
 ──
とびをさんからのメッセージです。

 プリントアウトして、お友だちにも見せてあげてください。
 みなさま、ぜひぜひよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

昭和女子大学・秋桜祭

 先日お知らせした「とびをさんの予告編」が正式決定となりました。
 分室に書き込んでいただいたとびをさんのコメントをそのまま転載します。

 …………

11月12日(日) 昭和女子大学・秋桜祭において
「Breath Less」の上映会を行います。詳細は以下の通りです。

---

11月12日 日曜日 昭和女子大学
(昭和女子大学/東急田園都市線三軒茶屋駅)

○上映会場
 80年館 6階 オーロラホール

○上映スケジュール
 10:00 受付開始
 10:30 1回目 上映
 12:30 上映終了(入れ替え)/受付開始
 13:00 2回目 上映
 15:00 上映終了(入れ替え)
 15:10 意見交換会
 16:00 終了

○チケット料金
 パンフレット付きで1,000円

○チケット販売について
 下記の要領で往復ハガキで申込をして下さい。
--
◎往信ハガキ
 【表面】
 〒154-8533
  世田谷区太子堂1-7 昭和女子大学 日本語日本文学科
   秋桜祭有志 「団体ひとり」宛
 【裏面】
 観覧希望回(1回目・2回目)
 観覧者数(  )席  ※1通につき2席まで
 氏名
 住所
 連絡先(メールアドレス)
◎返信ハガキ
 【表面】
 ご自分の住所・氏名
 【裏面】
 何も記入しないで下さい。

(注)
・申込締切:10月31日(火)必着
 返信ハガキは11月2日発送を予定しています。
・ハガキ1枚につき2席まで受付けます。
・電話でのお問い合わせは一切、お受けできません。
 メール:tobiwo21@hotmail.co.jpにてお願いします。
・当日、上映10分までに受付終了されない場合は、キャンセルと
 みなします。
・受付は1回目10:00~ 2回目12:30~ 行います。
 返送されたハガキとチケット代金をご持参下さい。
・意見交換会は1回目、2回目のいずれを観賞しても半券にて
 参加できます。
 (但し、意見交換会のみの参加はできません)
・申込多数の場合は抽選となります。予めご了承下さい。
・ハガキに記載された氏名、住所、連絡先等は上映会以外のこと
 には一切、使用致しません。

※お一人様につき申込は一通のみとして下さい。
 事務処理の省力化と無駄のないチケット頒布に、ご協力願い
 ます。

 …………

 とびをさんのコメントは以上です。
 当日はぼくも参加します。というか、お手伝いします。
「モギリをやれ」といわれているので楽しみです。
 なにせ、学生時代のアルバイト以来ですから。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

大阪・第七藝術劇場の上映時刻

 大阪・第七藝術劇場での上映スケジュールについて再度お知らせします。
 HPによりますと、先日お知らせした上映時刻が変わっています。

 11月18日~24日 上映時刻18時50分~20時50分(1日1回上映)です。

 急遽変更になる場合があります。ご来場の前にご確認ください。
 よろしくお願いします!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年10月 6日 (金)

とびをさんの予告編

 とびをさんから『Breath Less』を学園祭で上映したいと連絡をいただいたのは、ポレポレ東中野で上映中の5月でした。
 なにかをやろうとすると必ず障壁が生じるのが人生で、しかしとびをさんはそれを乗り越えて、いまは実現のほんの一歩手前というところです。
 だから、きょうは予告編です。まだ未定の部分もあります。
 本決まりを楽しみに待ちたいと思います。
 もちろん、当日は、ぼくも参加します。

 以下、とびをさんよりのコメントです。
 分室への書き込みをそのまま転載させていただきます。
 …………

(フライングですが…)

学園祭での「Bleath Less」上映会、実現します。
学外の方もご来場頂けることに(ほぼ)決定です。近日中に大学
側から正式なO.K.が出ると、実行委員が言ってましたので…。

上映会場は視聴覚ホール、11月11日・12日の2日上映の
はずが12日のみの1日2回上映と言うことになりました。
いろいろ交渉したのですが、力及ばず…と言ったところです。

チケットの販売方法は往復ハガキによる予約販売のみとなりま
す。10月31日必着としますので、今からハガキのご用意を。(笑)
申込要領は正式決定の通知が来てから、書き込みします。

当日のタイムテーブルは以下の通りです。
--
11月12日(日)
10:00 受付開始
10:30 1回目上映開始
12:30 上映終了(入れ替え)/受付開始
13:00 2回目上映
15:00 上映終了(入れ替え)
15:10 意見交換会
16:00 終了

--
・意見交換会は1回目、2回目のいずれを観賞しても半券にて
 参加できます。(但し、意見交換会のみの参加はできません)

大学の所在地は、現在、筒井さんが出演してらっしゃる劇場と
同じ街です。正式決定してから発表します。
皆様、お楽しみに!!

 …………

 とびをさん、どうもありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

小津安二郎記念蓼科高原映画祭

 今年も小津安二郎記念蓼科高原映画祭が開催されます。11月3日~5日です。
 毎年この時期になると、どんな作品が上映されるのか気になってウェブサイトを覗きます。
 第9回だそうです。ということは来年は10周年。何事も10年は続けないと何も見えてこないと、三日坊主のぼくはよく父に言われました。
『Breath Less』が上映されたのは第6回でした。この作品のはじめてのお披露目でした。第7回では『わらびのこう』を上映していただきました。
 茅野の駅舎、新星劇場、踏切りのむこうの蕎麦屋、駅前のカフェのオムライス、怪女の棲むスナック、ホテルから見た御柱の木落としの斜面……。

 今年は小津さんのサイレント時代の作品が上映され、佐々木亜希子さんが活弁をやるそうです。活動弁士は語るべき脚本を自ら書くのだと聞いて驚きました。ということは同じ作品でも弁士によって変わってくるということ。ガンバレ~佐々木!
「立ち話屋」でも触れていますが、この映画祭に行ったら必ず監督居酒屋に行ってください。上條食堂です。監督なんかそっちのけでワイワイガヤガヤ。馬肉のすき焼きがあっという間になくなってしまいますから遠慮は禁物ですよ。
 ああ、なんか無性に行きたくなったなあ。

 茅野を牧水は詠んでいるだろうかと検索したら一首も出てきませんでした。
 嫁さんが塩尻の桔梗ヶ原の人だから、通っているはずなんだけどなあ。塩尻駅で汽車を待つ紀行文が確かあったぞ。しかし木曽方面へ旅する話だったか……

 というわけで今夜も牧水を読みながら寝ます。

 第9回小津安二郎記念蓼科高原映画祭
 http://www.tateshinakougen.gr.jp/cinema/index.html

 佐々木亜希子さんのサイト
 http://mokuren.gr.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

大阪上映の日程

 ようやく大阪上映の日程が決まりました。
 メチャクチャうれしいです。

 第七藝術劇場 11月18日~24日 1日1回上映

 上映時刻は変更されることがありますので、事前に劇場あるいはHPで確認してくださいね。
 関西のみなさん、ぜひぜひよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年10月 2日 (月)

ギックリ仰天

 ギックリ腰になった。
 部屋に掃除機をかけていて、ほんの一瞬、腰にピッと電流が走った。なんともなかったので20分歩いて町田駅に出てカフェでお茶を飲んだ。1時間ほど本を読み、帰ろうとして、立ち上がれなかった。痛い。とにかく痛い。タクシーを呼んで帰宅し、そのまま寝転がって呻いた。
 3日目に冷蔵庫が空になった。拙著脚本の『わらびのこう』に、足が萎えて歩けなくなり、里へ下りて食料を得られなくなった老婆が、自らの意志で食を断ち、死んでいくというシーンがある。ぼくの場合はもう少し生きていたいし、腰の痛みよりも飢え死にするほうがきついと思ったので、痛い痛いと泣きながら食料を買いに行った。笑顔の人が行き交う街が空虚になる。この痛みって奴はいったい何なのだ。

 というのが8月初旬の出来事で、痛みが緩んでいくのといっしょに夏が終わってしまいました。
 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
 お変わりありませんか。
 このブログの更新をすっかりサボタージュしてしまいました。すみません。
 ようやく腰が治りました。完治です。軽い軽い。立っても座っても飛び跳ねても痛くないということがなんと心地よいことか。童のようにはしゃいでおります。

 阿鼻叫喚の間に、いくつかうれしい発見がありました。
 そのひとつをご披露します。
 なんと若山牧水の全歌集がインターネットで読めるんですね。15歌集すべてです。6896首です(重複したものを除く)。仰天しました。驚喜しました。
 さっそくダウンロードし「紙」にファイルしました。財宝の山を手にした気分です。「はつとして」で検索すると──

  はつとして歩みをとどめなにやらむ払ふがごとく癖ぞ袖振る 『芸術か死か』

  はつとしてわれに返れば満目の冬草山をわが歩み居り 『路上』

  はつとしてこころ変れば蒼暗くそこひも見えず降るそらの雪 『路上』

 と、たちどころに出てきます。
「山」や「海」で検索するともうたいへんです。
 こんな幸せがあってよいものだろうか。身体は痛いが心は嬉し、の夏でありました。

 大正7年の秋、牧水は利根川の上流を遡りたいと思い立ちます。
 ところが金がない。おまけに風邪をひく。スペイン風邪が世界を震撼させた年でした。
 書きためた文章を出版社に持ちこんで前借りをして、汽車に飛び乗ったのが11月12日。しかし雪のために利根川を遡ることを断念。20日、中之条から乗り合い馬車で六里ヶ原へ向かいます。その途中、牧水ははじめて吾妻渓谷を目にすることになります。その感動を書いた『吾妻の渓より六里が原へ』はぼくがもっとも好きな紀行文です。
 昨年7月と10月、吾妻渓谷へ行きました。川原湯温泉の牧水が泊まった養壽館はなくなっていたけれど隣の山木館に泊まりました。
 牧水と同じ11月20日、吾妻渓谷に立ってみたいなあ。行けるかなあ……。

  おのが身のさびしきことの思はれて滝あふぎつつ去りがたきかも  牧水
 

◎J-TEXTS日本文学電子図書館 http://j-texts.com/
◎紙 http://rakusai.org/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »