« 心霊写真ではありません。 | トップページ | まとめてお知らせ!です。 »

2006年4月12日 (水)

オールナイト決定!

 封切り初日の4月22日にオールナイト上映(筒井道隆主演3本立て)が決まりましたのでお知らせします。
 情報がごちゃまぜになるといけないので、一連の流れで書きます。

■ロードショー(当日券\1,500 特別鑑賞券\1,300発売中)
 夜9時~ 舞台挨拶(筒井道隆、清水美那、本田博太郎、忍足亜希子を予定)
       「Breath Less ブレス・レス」上映

■オールナイト(\2,300 特別鑑賞券を持っている方はプラス\1,000でご覧いただけます)

 夜11時30分~ 舞台挨拶(筒井道隆)
   11時45分~ 「Breath Less ブレス・レス」(112分)
   01時50分~ 「洗濯機は俺にまかせろ」(108分)
   03時50分~ 「バタアシ金魚」(95分)
   *各作品の終了後10分休憩が入ります。
     終了予定時刻は05時25分です。

*それぞれの整理券を発行します。
 当日の朝10時15分よりポレポレ東中野(1F特設窓口)で整理券を発行します。
 ロードショーとオールナイトは別の整理券になります。ご注意ください。

|

« 心霊写真ではありません。 | トップページ | まとめてお知らせ!です。 »

コメント

渡辺監督、遅くなりましたが、4月5日お誕生日おめでとうございます!私一日違いの4月6日生まれなんです。筒井さんとは星座と血液型(A型)が一緒なんです。自分勝手に喜んでます。

でも筒井さんはとっても自然体に人生生きてて私は結構毎日Breath lessに生きてしまうほうなんで、筒井さん見習って毎日の生活の中から生きる喜びとか見つけていけるようになれたらいいなぁって思っているところです。

「Breath Less ブレス・レス」って題名初めて見た時無理して潜水で25メーター泳ぎきっていた頃の感覚思い出してちょっと息がつまる感じがしました。でも筒井さんはブルースハーブを吹かれる役どころだからこれって、そっちの息つぎの事なんですね。そう思ったらなんだかずっと楽な気持ちになりました。

ここらでちょっと深呼吸!大好きな筒井さんとそしてこの映画を作ってくださり公開までいろいろな道のりを乗り来られてきた監督とそして、はじめましての清水さんにお会いして、一晩筒井さんの映画を観てすごせるなんて私にとってはとっても贅沢な事ですありがとうございます!

でもここでちょっぴりケチな質問させていただきます。当日券を買うより前もって前売りの特別鑑賞券を買っておいたほうがオールナイト見るにもちょっぴりお徳って事なのでしょうか?すいません教えていただきたいです。

長くなりましたが私牧水の歌は教科書で見た「白鳥は悲しからずや・・」っていうのが好きなんですが、せっかくの機会なんで他の歌も覚えられたらなって思っています。

投稿: 紫苑 | 2006年4月12日 (水) 12時09分

 紫苑さん、どうもありがとう。
 たぶん二十数年と一日違いの誕生日ですね。そういえば『永遠と一日』という映画がありました。関係ないか。

 特別鑑賞券(\1,300)は通常上映(この作品の場合はレイトショー毎夜9時上映)ではいつでも使えますからちょっとお得です。22日のオールナイト上映ではプラス\1,000お支払いいただくことになりますから当日お買い求めいただいても同じ料金になりますね。

 このブログでは若山牧水のことも書いていこうと思っています。彼の歌のこと、旅のことなど書きたいことはたくさんあるのですが、筆が遅いものですからなかなか進みません。それに『Breath Less』の公開が迫ってきて、どうしてもそちらに偏りがちの今日この頃です。反省。

投稿: 渡辺寿 | 2006年4月12日 (水) 15時27分

渡辺監督さっそくのお返事ありがとうございました。若山牧水という名前と「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」という中学か高校の時に習った短歌がとても印象的だったので思わず書いてしまったのですが、筒井君ファンの一人として、やっぱり今は「Breath Less ブレス・レス」の公開が成功して一人でも多くの方に見ていただく事が大切!と思っています。

でも改めて短歌ってわずか31文字でこれだけのイメージの世界を作り出せるというところがすごいなと思いました。監督の作られた映画の世界にもますます期待がつのる想いです。

投稿: 紫苑 | 2006年4月12日 (水) 17時32分

 紫苑さん、中高校生で「白鳥は……」の歌に触れられたとはなんと幸せなことでしょう。
 恥ずかしながら、ぼくは昨年まで牧水についてほとんど知りませんでした。宮崎放送で彼のドキュメンタリーを撮ることになって、大急ぎで勉強しました。そしたら彼の作品の面白いこと面白いこと。以来ずっと読みつづけています。秋になったら、彼の旅のひとつをそのとおりになぞってみたいと思っています。もちろん草鞋履きの徒歩で、というわけにはいきませんが。
 いまの気分としては──

 いざ行かむ行きてまだ見ぬ山を見むこのさびしさに君は耐ふるや  牧水

 であります。

投稿: 渡辺寿 | 2006年4月12日 (水) 18時00分

緊急のお知らせ

きょう(4月13日)午後9時50分~10時。
CSの日本映画専門チャンネルで、筒井道隆インタビューが放送になります。
「シネマホリック」という番組で、「ブレスレス」が語られるのです。
ご期待あれ。
寿さん、録画しておきます。

投稿: なななかば | 2006年4月13日 (木) 14時12分

 なななかばさん、ありがとうございました。
 さっそくトップページでお知らせしました。
 黒木和雄さんが亡くなって、ガックリきています。この数年の黒木さんの作品には殊に目を見張るものがありました。「父と暮らせば」の感動が忘れられません。

投稿: 渡辺寿 | 2006年4月13日 (木) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168130/9548019

この記事へのトラックバック一覧です: オールナイト決定!:

« 心霊写真ではありません。 | トップページ | まとめてお知らせ!です。 »