« エンタゲット | トップページ | コミュニティー「ブレス・レス」 »

2006年4月27日 (木)

真田幹也くんのこと

 真田幹也くんは『Breath Less』の終盤、徹(筒井)と服部(遠藤)が再会する重要なシーンで登場する。台詞は二言だ。
「いらっしゃいませ」
「かしこまりました」
 たったこれだけの台詞だが、その人の生き方やセンスが垣間見える。
 どんなに外向けの装いをしていてもにじみ出てくるものがある。
 どうか、一瞬の彼のカットをしっかりと観てあげてください。
 25日、ポレポレ東中野で彼と会った。撮影のとき以来だった。
 役者はどんどん貌が変わっていくが、良い変わり方をしている人を見ると嬉しい。

 幹也くんがブログに書いてくれているので読んでください。
 BLOGMIKIYA
 読みながら、なんだか涙が溢れてきた。
「2006年のオレ」も「来年のオレ」も「その先のオレ」もがんばれよ。

|

« エンタゲット | トップページ | コミュニティー「ブレス・レス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168130/9786629

この記事へのトラックバック一覧です: 真田幹也くんのこと:

« エンタゲット | トップページ | コミュニティー「ブレス・レス」 »