« 上映2週目に突入! | トップページ | 久方ぶりの牧水 »

2006年4月30日 (日)

「讃岐映画村」

 高松ののん♪さんとヒロコさんから情報をいただきました。
「讃岐映画村」というウェブサイトがあります。
 高松の映画館「ソレイユ」が開設してるサイトだそうです。
 5つのBBSがあって(多すぎるって意見もあるみたいだけれど)、映画について語られています。その中の1つに「リクエスト室」というBBSがあって、上映を希望する作品を募っています。
 面白いなあ。
 うれしいなあ。
 こういう映画館ってほかにもあるんだろうか。
 ご存知の方はぜひ教えてください。

 シネコンがたくさんできて、それは便利で映画に触れる機会が増えて嬉しいことだけれど、増えたスクリーン数の幾ばくかでも、日本映画に活かしていただけないだろうか。
 かつて町の映画館にあった客席とスクリーンの間の温かい空気に、いま一度触れてみたい。
 おっと、いかんいかん。他者のせいにしてはいけない。
 ぼくの役割は、全国の映画館がかけたくなる面白い映画を撮ることだ。

 讃岐映画村コミュニティー

|

« 上映2週目に突入! | トップページ | 久方ぶりの牧水 »

コメント

監督、讃岐映画村を紹介してくださりありがとうございました!

最近は忙しいことを口実に映画館で映画を観ることがありませんでした。これではダメですね。家ではwowowに加入しているので、時間のあるときはそちらで観賞していますが、自分で時間のやりくりをして興味のある映画はどんどん映画館で観なくちゃ!基本的に洋画のサスペンスやミステリー系の映画が好きなのですが、今の邦画(『BreathLessブレス・レス』も含めて)も、かなり興味が沸いてきました。
そうそう、今香川は「邦画ブーム」なんですよ!
「県庁の星」も香川県でロケが行われたし、今現在「UDON」という映画のロケも丸亀市というところで進行中です。いつだったか、妻夫木聡さんや竹内結子さんなどが出演していた「春の雪」も栗林公園で撮影が行われました。そういえば、「世界の中心で、愛をさけぶ」も香川県の庵治でロケが行われていました。こうやって考えると、香川ってすごい??

投稿: のん♪ | 2006年4月30日 (日) 21時53分

 のん♪さん、どうもどうも。
 ぼくも洋画大好きですよ。
 新しい脚本を書き出す前には必ず『ゴッド・ファーザーPartⅡ』を観ます。この作品のテーマと構成はすごい。
 どうしてオレに撮らせなかったんだと嫉妬する作品はジャック・リベット監督の『美しき諍い女』です。観るたびに嫉妬に狂います。でもまた観てしまうんだけど。
『わらびのこう』の脚本を書く直前にテオ・アンゲロプロス監督の『永遠と一日』を観たら1ヶ月ほど書けなくなって、監督とプロデューサーに叱られました。
 この数年、そういう作品に出会っていません。これは、そういう作品がないのではなくて、観る努力を怠っているのですね。反省。

 日本映画もがんばっていますよ。と、ぼくが日本映画を代表して言うことはないんだけれど、『世界の中心で──』あたりから、確かに香川県でのロケーションが増えましたね。
 いま日本の地方都市は面白いです。風景もさることながら、いい顔をした人たちがたくさんいるのも地方都市です。映画は風土と切り離せないから、人と土地はとても重要なんですね。ぼくらの足元には、まだ知らない魅力がたくさんあるのだろうと思います。だから日本映画もぜひ見守ってあげてくださいね。

投稿: 渡辺寿 | 2006年5月 1日 (月) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168130/9828969

この記事へのトラックバック一覧です: 「讃岐映画村」:

« 上映2週目に突入! | トップページ | 久方ぶりの牧水 »