« とってもうれしいコメントをいただいたので | トップページ | 予告編 »

2006年3月 5日 (日)

公式サイト、オープンです!

 しばらく表紙のみで準備中だった Breath Less 公式サイトがついにオープンしました。
 予告編もありますよ。画面がちょっと小さいけれどね。もう少し大きな画面で見られるようになるといいなあと思っています。ぜひお立ち寄りください。 

Breath Less ブレス・レス 公式サイト

|

« とってもうれしいコメントをいただいたので | トップページ | 予告編 »

コメント

さっそく公式HPを拝見しました。インタビューの中の携帯メールのくだり、少々気になりました。

メールはあくまで言葉の代わりであって、手紙の代わりではないと考えています。私は手紙を書くタイプの人間ですが、手紙ならまず大体の下書きをして、清書をして、さらに読み直してから投函。メールならそんなことはしません。「言ってしまったら最後」みたいな勢いで打って、そのまま送信してしまいます。
手紙を書かない世代の若い人たちが「口で言えないことがメールでなら言える」と言うならば、メールは手紙のような慎みもなく、相手の顔を見ずに本音が言える自己中心的な便利な道具に過ぎないのではないでしょうか。本音を口にしたときの相手の反応や表情を見るのが、怖いのです。
監督さんがおっしゃるとおり、便利な道具を手に入れただけで、他者との関係が豊かになったかどうかは大いに疑問です。

主人公の橘さんは、口だけでなくメールも駆使して言葉を発する人でしょうか。「バタアシ金魚」のカオルのその後であれば、メールを打つ時間があるなら、相手のいる場所へ走って行ってしまいそうですね。

「不安定な現代の大人」という表現も、なるほどと思います。
これが絶対に正しい、と自信を持って言えることが哀しいほど少ないのです。自分の感性だけは信じようと努めてはいますが・・・。

監督さんの意気込みを感じて、ますますこの映画が楽しみになりました。全国公開も期待しています。

投稿: shiron | 2006年3月 5日 (日) 09時40分

 shironさん、コメントありがとうございました。早速公式HPを見ていただいてとてもうれしいです。
「メールはあくまで言葉の代わりであって、手紙の代わりではない」 確かにそうかもしれませんね。
 ぼくの大好きな若山牧水はたいへん筆まめな人で、膨大な量の書簡を残しています。それを読んでいると、旅に出たその日、旅館に着くとすぐに妻へ手紙を書き、酔っぱらって寝る前にまた書き、翌朝起きてまた書いて、たぶん三通をいっしょに投函したのでしょうね。そんな手紙が残されています。また絵葉書の絵に「たあくん、お父さんはここにいる」と書き込んで長男(旅人)に送ったりもしています。
 一方、喜志子に上京を迫る手紙では驚くばかりの強い感情を露わにして「直接に言へば、親をお棄てなさい、兄弟をお棄てなさい、唯つたひとりのあなたとおなりなさい、と斯ういふのです。承諾しますか、私はもうあなたに猶予を与へません」と書いたりしているんですね。
 谷崎潤一郎と佐藤春夫の往復書簡にも、嫉妬や相手をなじる言葉が一杯詰まったものがあります。近代以降、面と向かっては言いにくいことを文章にして渡す行為は意外と行われていたのかもしれないという気もします。
 ぼくも万年筆で書くべきか、電子メールのほうがよいかと迷うことがままあります。相手のことを考え、書く内容で使い分けるようにしています。新しいものが出てきて、どんどん便利になっていくけれど、だからといって古くからのものが駄目ってことじゃないですからね。変わっていくものと変わらないものを上手に身に付けたいと思う今日この頃であります。感謝。

投稿: 渡辺寿 | 2006年3月 5日 (日) 18時35分

サイトオープンおめでとうございます!
 ただ今、監督のインタビューを読んで来ました。

私、中3の1年間だけ荻窪に住んでいて、その後に
下井草に越してから(高校生時)阿佐ヶ谷の郵便局の
内部バイトをしました。葉書を住所ごとの箱に仕分け
する仕事だった様な。あそこの商店街の七夕まつりには
子供たちを連れて富士見台から何回も遊びに行きました。
高円寺は阿波踊りで有名だし・・・映画の中に出て来る
街って・・・とても興味ありますよね!

私のブログの(筒井くんコーナー)のトップに公式HPを
貼り付けました!大勢の方が訪問して下さる事を願います。
       ☆(^!^)☆

投稿: メイママ | 2006年3月 6日 (月) 01時49分

予告編ですが、今大きく観れるよう作業中です。
もう少しだけお待ち下さい。

投稿: アルゴ・ピクチャーズ | 2006年3月 6日 (月) 19時29分

おまたせしました!
予告編、大きく観れるようになりました。

投稿: アルゴ・ピクチャーズ | 2006年3月 6日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168130/9367093

この記事へのトラックバック一覧です: 公式サイト、オープンです!:

» 『Breath Less』公式サイト オープン!! [THE 5.6.7.8'S]
『Breath Less』公式サイト ■http://www.breathless-movie.com/ この度、僕が宣伝物のデザイン一式をやらせて頂いてる、劇場映画『BreathLess』公式サイトが準備中を経て、本格的にオープンしました !! 全体的に渋く(大人の青春映画風?)、浮遊感のあるデザイ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 7日 (火) 01時56分

« とってもうれしいコメントをいただいたので | トップページ | 予告編 »