« Into Somewhere | トップページ | ぴあの自動発券 »

2006年3月25日 (土)

BB試写会

 なにかとあわただしい1週間でした。このブログの累計アクセス数が5000を越えて、今日は5800に迫ろうとしています。読んでくださっている方々、こころより感謝申しあげます。

 23日は渋谷FMのトーク番組に出演、パーソナリティーの榊英雄さんと『Breath Less』について話しました。榊さんは役者でありながら監督作品も持つ方、小気味よい会話のテンポにつられてしゃべりまくってしまいました。
 放送日は4月21日(金)朝10:30~10:58だそうです。
 その後、宣伝をお願いしているN社のKさん、ポスター、チラシのデザイナーHさんと合流。パンフレットのイメージを話し合いました。

 翌24日は清水美那ちゃんといっしょにYahooのインタビュー、つづいてインターネットテレビ「ショウタイム」のインタビューを受けました。
 Yahooオークションの「エンタゲット」に脚本とサイン入りポスターを出品することにしました。開始日が分かったらまたご報告します。
「ショウタイム」では50名限定のBB試写会というのをやるそうです。抽選らしいです。このブログを読んでくれている人に当たるといいなあ。それもすぐには観られない地方の人たちに当たるといいなあ。
 詳しくはこちらへ

 時が経つのは早いもので封切りまであと1ヶ月を切りました。
 このブログも充実させねばとこころを新たにしております。

|

« Into Somewhere | トップページ | ぴあの自動発券 »

コメント

蓼科映画祭は都内から駆けつけました、題名はハロー・マイ・ラブよりブレス・レスのほうがピタッと来ますね、あの時は筒井さんの今迄に無い役柄とブルースハープの演奏にタダタダ酔いしれて帰って来ましたが、今回強い願いは叶うもので運良くBB試写会に当選し、もう何度観たか解りません、無駄を省いたテンポの良い台詞が飽きさせません、得に本田さん、不破さんとの会話は最高です、忍足さんの起用もよくぞ!というはまり役でした、人間の切ない愛を再認識する心地良さが後味して残る名作です。
さあ~!後は劇場公開ロングランを願って何度も足を運びますよ。
素晴らしい作品で筒井さんに逢えた事に感謝いたします。。。

投稿: カンディンスキー | 2006年4月16日 (日) 04時19分

書き忘れました。
丸の内線は監督さんのこだわりは解りますが、
観客はそこまでこだわらないのでは?と思います。やはり走っている車内というこだわりに徹したご英断では無いでしょうか。

夏八木さんが最後ピシッと決めて下さっていますが、欲を言えばもう少し夏八木さんの名演を観たかったかな~筒井さんともからんで欲しかったかなとはおもいましたが、時間の制限が有りますものね、、、

投稿: カンディンスキー | 2006年4月16日 (日) 04時35分

 カンディンスキーさん、そう言っていただけると救われたような気がします。どうもありがとう。
 また、忌憚なく感想、批評をどんどん書いてください。
 ぼく自身もまだまだ何度も見直し、反省しなければなりません。そうして次の作品に活かしていきたいと思っています。

投稿: 渡辺寿 | 2006年4月16日 (日) 09時59分

「だんきょうこ」さんの個展の紹介をして頂きとても嬉しく思ってます。素敵な名刺を見て気になっていました。「ブレス・レス」の整理券を取ったあとに立ち寄らせて頂きたいと思っています。
あと、カンデンスキーさんの事を失礼ながら私し、全く存じ上げないんですけど(ごめんなさい)どういう方か紹介していただけるとありがたいんですけど・・・

投稿: ひだまり | 2006年4月20日 (木) 23時23分

 ひだまりさん、コメントありがとうございます。
 だんきょうこさんの個展、ぜひご覧ください。おすすめです。
 地方からいらっしゃる方も荻窪と東中野はJR総武線1本で繋がっていますから(10分程度)、すぐに分かると思いますよ。

 カンディンスキーさんについて、ぼくが紹介することはできないので、この場でお話ししてはどうでしょう。
 この場所をコミュニケーションの場としてつかってください。
『Breath Less』上映期間中は、このブログ全体を映画サロンにして、いろんなご意見、感想を伺いたいと思っております。どんどん自由にお話ください。
 カンディンスキーさんもよろしくお願いします。

投稿: 渡辺寿 | 2006年4月21日 (金) 00時06分

渡辺監督様
劇場公開初日おめでとうございます、
首を長くして待っていました、嬉しいです。

ひだまり様
私は一映画ファンです、
今日公開ですので、もういいですね、
カンデインスキーは
清水さん演じるヒロインが理想と現実の
ギャップに葛藤する姿を、
カンデインスキーの絵を題材に見事に
表現されているので感服して
HNに拝借した次第です。。。

投稿: カンディンスキー | 2006年4月22日 (土) 08時43分

 カンディンスキーさん、ありがとうございます。
 たくさんたくさん応援していただきました。ありがとう。
 これからもいろんな話をしていきましょう。

投稿: 渡辺寿 | 2006年4月22日 (土) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168130/9367101

この記事へのトラックバック一覧です: BB試写会:

« Into Somewhere | トップページ | ぴあの自動発券 »