« 映画『Breath Less ブレス・レス』 | トップページ | Breath Less 鼎談 »

2006年2月22日 (水)

はつとして

  はつとしてわれに返れば
  満目
(まんもく)の冬草山をわが歩み居り  牧水

 街を歩いていて、ふと気がつくとこの歌をくちずさんでいることがよくあります。
 たったひとり、ひたすら歩いているうちに、心はどこかへ行ってしまい、視野から風景が消えてしまっている。はっとして我に返りあたりを見回すと……ってところでしょうか。

 明治43年、牧水25歳の作です。そのころの牧水は恋人・小枝子との仲がうまくいかず、病を得て信州・小諸の田村病院に滞在していました。人生最悪のときといっていいかもしれません。小枝子と別れようと思い、別れられない懊悩の日々は5年に及びました。
 田村病院は旧小諸宿本陣問屋で、現在も保存されています。昨年の秋、無理にお願いして内部を撮影させていただきました。短編小説『裾野』によると、牧水は2階の病室をあてがわれていたようです。

  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけれ
  かたはらに秋ぐさの花かたるらくほろびしものはなつかしきかな

 これらも同じ時期に詠まれた歌です。
 当時をフィクション化したものとして『裾野』はたいへん面白いけれど、ぼくは紀行文『信濃の晩秋』が好きです。
 こちらは田村病院滞在を世話してくれた岩崎樫郎医師と11年後に再会するところから書き出されています。列車のなかで偶然出会うのですが、その描写がじつにいい。まるで映画のワンシーンのようです。
 そういえば牧水の歌も散文も、名画のワンシーンを観るような強く鮮やかな印象を与えてくれます。それはほとんどの作品が、実体験、実体感に基づいていて、しかも平易な言葉と表現で書かれているからではないか、とぼくは考えています。
『信濃の晩秋』は岩波文庫の『新編みなかみ紀行』(池内紀編)に収録されていますから容易に入手できますよ。

|

« 映画『Breath Less ブレス・レス』 | トップページ | Breath Less 鼎談 »

コメント

ご連絡ありがとうございます。早速覗きに来ましたよ!お気に入りに登録しました。(^。^)これから出かけるので、またゆっくり顔出します!

投稿: かおり | 2006年2月23日 (木) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168130/9367087

この記事へのトラックバック一覧です: はつとして:

» 20060222 今日見つけた小諸関連ブログ [小諸の風]
bbhassyの夢語 さんの 小諸御城下絵図 http://blog.livedoor.jp/bbhassy/archives/50495220.html 今から会おうよ さんの 信州小諸∴懐古園 http://plaza.rakuten.co.jp/seeyousoon/diary/200602190001/ 渡辺寿 Breathlessな日々 さんの はつとして http://kikaokubeshi.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/po..... [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 21時27分

» 散文 [小説の詳説ページ]
散文散文(さんぶん)とは、小説や評論のように、5・7・5などの韻律や句法にとらわれずに書かれた文章のことである。狭義には、そのようにして書かれた文学。韻文の反意語。散文で書かれた詩のことは散文詩と言う。また、散文的という言葉は「味気なく、情趣が薄い」という意味で使われることもある。.wikilis{...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 1日 (水) 21時43分

« 映画『Breath Less ブレス・レス』 | トップページ | Breath Less 鼎談 »